イノサンRougeルージュ8巻のあらすじ・感想まとめ!※ネタバレ注意※

投稿日:

イノサンRougeルージュ8巻

画像出典:http://unext.bookplace.jp/

 

イノサンRougeルージュ8巻のあらすじ ※ネタバレ注意※

くまさん
サンソンの剣を捨て、自由を手にするため、新たな道へと進むマリー。
ねこさん
一方、革命勃発後、革命政府から委任を受け、死刑を担うシャルルはあらゆる罪人に平等に刑を処すための処刑機械開発に携わり、ついにギロチンを誕生させる。

 

りすさん
しかしそれはサンソンに更なる絶望を、夥しい数の死刑を、血塗れの未来を齎(もたら)すものでしかなかった。
うさぎさん
そして悪魔の機械による仏(フランス)最後の絶対君主の処刑の日を迎えるが…!?

 

イノサンRougeルージュ8巻の感想まとめ ※ネタバレ注意※

くまさん
ついにギロチン完成。フランス革命の流れを時間を遡って解説してくれてるけれど、改めて無血革命ってのは難しいもんなんだな…と痛感。かつてのシャルルを思わせた繊細な次男ガブリエルの死や、シャルルの処刑人人生はまだまだ続くという解説など、今回も重い一冊だった。しかも次巻予告がまた追い打ち…。
ねこさん
ゼロがベラベラ喋っていて子どもの成長は早いなって思った。~1か月前の思い出~とか突然出てきて笑った。相変わらずぶっ飛んだ演出。

 

りすさん
ここへ来てやっと断頭台が登場した。 ルイ16世との儚い友情、加速する革命のための処刑が独特な演出で描かれている。 またシャルルの若い頃を思わせる、純粋で美しいガブリエルの運命にはただ涙しかない。 ゼロの今後にも期待大の巻でした。
うさぎさん
表紙にいるマリーはあんまり出てこなかったけどついにギロチン! 時系列が行ったり来たりしてたがわりとあっさり王家の皆さんが軟禁されてたり、ルイ16世がギロチン作成に関わった逸話もするっと入ってきた印象。 しかしガブちゃん可愛いかったのに史実通りとはいえ退場が悲しい(´•̥ω•̥`)

 

 

イノサンRougeルージュ8巻が読みたくなったあなたへ。

ネタバレを含む感想やあらすじを見て「イノサンRougeルージュ8巻」が読みたくなったあなたにおすすめなのがU-NEXTというサービスです。

 

ねこさん
そもそもU-NEXTって何?

というあなたはまず公式サイトをご覧ください。 [公式] U-NEXT

 

簡単に言うと動画や書籍を楽しめる総合サービスですね。

しかも現在31日間無料トライアルキャンペーン中なのでどんなものなのか試すのに今は最適な時期なのです。

 

 

本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

[公式]U-NEXT

 

-歴史マンガ
-, , ,

Copyright© 書庫ラティエ , 2019 AllRights Reserved.