バジリスク桜花忍法帖3巻のあらすじ・感想まとめ!※ネタバレ注意※

更新日:

[↓ 今すぐ読む ↓]

 

バジリスク桜花忍法帖 3巻のあらすじ ※ネタバレ注意※

ねこさん
成尋衆が作り出した巨大要塞“鳳輦車”の中で、繰り広げられる忍と成尋衆の戦い!!

 

うさぎさん
バラバラに引き裂かれた響の身体とその命を取り戻すべく、十人の若き忍たちが己の命を投げ出して敵に挑む!!

 

 

バジリスク桜花忍法帖 3巻の感想まとめ ※ネタバレ注意※

くまさん
バジリスクらしさが、戻ってきた感。 これこれ、こういう泥臭い戦いこそが、バジリスクなんだよ。 1、2巻にあった、チート臭い魔術は、影を潜めました。 魔術だって元々は、発動するにはそれなりの準備やリスクを伴うモノ。 それを前巻までに指摘出来たのが、良かった気がする。
ねこさん
七弦のキャラがバジリスクぽくていいな。どうもアニメ版は迷走している感が強すぎてバジリスクぽさがない。間違いなく漫画版の方が倍は面白い。これを踏襲してアニメ作れば前作に匹敵するくらいにはなっただろうに。それと、涙ちゃんがエロ可愛いのもいいね。

 

りすさん
成尋衆の人々の正体が明石全登だったりガラシャだったり、原作小説やアニメ版よりも人物たちの背景がしっかり描かれているのがいい。今回のメインは七弦・涙と涅哩底王との戦い。涙はアニメのセクシーな感じとは打って変わってドジっ子感がある。七弦は仲間を守るために自身の強さを求めるというかっこいい男。涅哩底王はあの設定だとそもそもなぜ老人の姿になる必要があったのか。終盤では夜叉至と才蔵の戦いが始まっているが、果たして才蔵の持ち掛ける賭けとは。
うさぎさん
成尋衆周りで続々と正体判明の巻。ここまでシンプルに改変しての今、この設定がどれくらい上手いこと効いてくるのかまだわからない。そもそも原作未読なのでなんともではあるが。忍術対魔術のアクションとしては迫力もあるし、悪くないのだが、ここに来て半端に観ているアニメの設定との違いが若干混乱を招き邪魔になってきた。同時期に触れるべきではなかったかな。明石の志とやらが薄っぺらく感じてしまい、語り後の後半戦の方がテンションが落ちてしまったのが残念。さて才蔵・現コンビはどう出るか。既に現が何か仕掛けていると見るがはたして。

 

バジリスク桜花忍法帖 3巻が読みたくなったあなたへ。

ネタバレを含む感想やあらすじを見て「バジリスク桜花忍法帖 3巻」が読みたくなったあなたにおすすめなのがU-NEXTというサービスです。

 

ねこさん
そもそもU-NEXTって何?

というあなたはまず公式サイトをご覧ください。 [公式] U-NEXT

 

簡単に言うと動画や書籍を楽しめる総合サービスですね。

しかも現在31日間無料トライアルキャンペーン中なのでどんなものなのか試すのに今は最適な時期なのです。

 

 

りすさん
他にもバジリスク桜花忍法帖 3巻が読めるサービスってあるんじゃないの?

とお考えのあなたは「バジリスク桜花忍法帖 3巻」が読めるサービスをお得さで比較した以下の記事をご覧ください。

 

[↓ 今すぐ読む ↓]

 

本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

[公式]U-NEXT

 

FODの「Yahoo! JAPAN ID」を利用した
31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

7月1日から「Amazonアカウント」を利用した
1ヶ月間無料キャンペーンが始まっています。

※FODは無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

 

-は行

Copyright© 書庫ラティエ , 2018 AllRights Reserved.